【AV動画レビュー】細身小柄白肌体ちっぱいが乳首責めで悶絶身悶え!(冬愛ことね)

性感帯はいろんな所にあり乳首とか…と聞けばそりゃあ責めてる他にない!冬愛ことねちゃんが責めでどんどん乱れていく姿は圧巻。

先ず画面いっぱいに映し出されるちっぱい。虐め甲斐のあるピンク色の乳首がすでに少しツンと尖っている。このサイズ感は感じると言われなくても責め立ててしまいたくなってしまうのはきっと私だけではないはずだ。筆で乳首の周りを擽るだけでもう気持ちい良いと語る冬愛ことねちゃん。この子…本当に乳首が弱いぞ!

責められる側が好きだとは言え普段どんな調子でオナニーしているのか気になるのが男って生き物です。ハイ、なのでローション使って普段どんなオナニーしているのかを先ずは観察。ふーむ、なるほど。指先でちょんちょん触るのがどうやらお好みの様子。なら私たちの手で存分に感じてもらおう!

オナニーでぷっくり膨らんだ乳首を指で挟みながら弄るともっとして!とでも言うかのようにピンク色の乳首がさらに勃起したようにも見える。

ニップルおもちゃを装着したら最初はやはりすごい乳首に来るwと何処か余裕な発言をしているが時間が経過するにつれて声は勢いを無くし甘い甘い嬌声へと変わる…乳首を責める振動モーターの音の中から聞こえる耐えるような声は既に快楽を拾っているとしか感じられない。アシスタントにおもちゃ付きの乳首を支えて貰いながら必死にマンコを擦る手。イっちゃうを連呼しながらその手は止まらない。乳首におもちゃが有るとそんなに違うのだろうか?果てた後確認してみると透明な粘膜が糸を引いていて乳首が如何に弱いかが伺い知れた。

薄い白のキャミソールを着て垂らされるローション…その上から乳首を撫でると大概の女はその滑らかな摩擦に最初は耐えるが乱れてしまうもの。例外なく冬愛ことねちゃんもその口の様だ。キャミソールを肩から外し直接触られながら右手はマンコに伸びる、がそんな生易しいもので満足出来るか?いや出来ていただろうがもっと快楽を刻み込まなければ男が廃るっていうもの!ささやかにもちゃんと屹立している乳首を指で弄りながらマンコに直当て電マ!激しく身悶えるその小さなボディとエロい声にどんどんチンコに熱が集まって来る。

レース地のキャミにお着換えしてカシャン、と音を立てる手錠は頭部の後ろで両手を拘束。これで快楽を逃がす事はほとんど出来なくなった。これからが本番と言うもの。引きずり下され晒されるちっぱいと乳首を舐め舐め、勿論もう片側の地乳首はくりくり。ドーム状のおもちゃを再度つけてディープキスした所迄は寧ろご褒美レベル。存分に快楽が蓄積された体はバイブを入れられただけではぁはぁと切ない息遣いをこぼしてしまう程。

此処から本番に移行するが冬愛ことねちゃんはその小柄さから簡単に生ハメしただけでエロくて可愛い声をあげ体が大きく揺れる。ちっぱいと乳首を弄りながらだとよりその声は大きくなったようにも感じられた。駅弁が出来るのは小柄だからこそ出来る体位だろう。

正直後半になるにつれて乳首責め要素は薄くなってくる。思い出したかの様におもちゃで乳首を責めるシーンは出てくるがタイトル通り乳首イキを迎えているのかはセックスシーンが濃厚で判断出来ない。欲を言えば挿入している場面でも乳首を弄る男優が居ればより興奮出来たな…と思ってしまう。

が、それを差し引いてもこれは見てみる価値は十分にある。小柄と言うと少し背徳的な感情が湧かないだろうか?小柄な冬愛ことねちゃんのちっぱいと乳首を虐めたい、そんな欲が有る人にはおすすめ出来る動画だ。

動画を見る!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です